本募集の全ての受付が終了いたしました。

ご協力頂きまして心より感謝申し上げます。

大変ありがとうございました。

最高裁判所にあっては、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の「性別適合手術の要件」につき違憲判決を下さないよう求め、各政党にあっては、この要件を外す法案を提出しないように求めます。

top-img-mobile

最高裁判所にあっては、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の「性別適合手術の要件」につき違憲判決を下さないよう求め、各政党にあっては、この要件を外す法案を提出しないように求めます。

  • 提出先:最高裁判所戸倉三郎長官&各国政政党代表
  • 担当者:女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会(性同一性障害特例法を守る会、女性スペースを守る会、平等社会実現の会、白百合の会、性別不合当事者の会、性暴力被害者の会、No!セルフID女性の人権と安全を求める会及び有志)
  • ※担当者は提出先の機関内の担当者や関係者を想定しており、提出先を想定しています。本活動と直接関りがない前提でのご記載です。
user_icon
作成者:女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会

活動詳細

署名終了 2023年10月23日(月)23時59分→10/24提出します

2023年10月25日が最高裁の判決日と決定しました。前々日23時59分までで締め切りとし、翌24日に第一次集約分とともに、まとめて全ての署名を提出します。


★ 第一次集約分
2023年9月25日23時59分に集約し、合計14,935 名の署名を、2023年9月26日に最高裁裁判官宛に提出いたしました。秘書官を通じて、速やかに各裁判官へ資料とともに配布されました。(署名計14,935 名のうち、オンライン署名14,652名、用紙署名283名)

特例法の手術要件について、
違憲と判断して効力を失わせたり
これを外す法改正をして、
「男性器ある女性」を出現させないで下さい!



 2023年9月27日、最高裁大法廷は、性別適合手術をしていない男性の「戸籍上の性別の変更」について弁論を開き、その上で「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」の手術要件が憲法に違反するかどうかの判断をします。

 原告はこれを違憲だと主張し、その論者らは法的な性別を変えるのに手術をしなければならないのは酷だ、「断種手術だ」といいます。

 事案は、性同一性障害と診断されている男性で、高額の手術費や後遺症への不安から、精巣の摘出手術さえ受けていないということです。

―朝日新聞6月27日 https://www.asahi.com/articles/ASR6W3JM2R6RUTIL02Q.html


しかし、特例法は、身体違和が耐えがたい性同一性障害の人のうち、性別適合手術を終えた人が生きやすくするための法律です。法的性別を変更したいから手術をするのではなく、望んで受けた後に生活のために戸籍の性別も変えるのです。過去、知的障害者らにされた「断種手術」とはまったく違います。法的な性別を変更した当事者は、「手術要件があるからこそ社会から信頼される根拠になっている」と実感し、かつ公に主張しています。

 違憲の余地はありません。


 万一、特例法の手術要件が違憲と判断されると、男性器があるままの法的女性が現れます。性別が変わった後に「生物学的には父となる女性」「生物学的には母となる男性、出産する男性」もあることにもなります。

 法的女性となれば、女子トイレはもちろん女湯などあらゆる女性スペースに男性器のあるまま入れる権利があることになります。手術要件をなくしてしまった諸外国と同様に、社会的に大きな混乱が起きることは明白です。

 法を改正することは不適切です。


よって、最高裁判所にあっては、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の「性別適合手術の要件」につき違憲判決を下さないよう求め、各政党にあっては、この要件を外す法案を提出しないように求めます。


■ マンガですぐ分かる!
https://gid-tokurei.jp/pdf/comic.pdf
『今、目の前に迫る危機』手術無しで性別を変えられる?



■ 漫画チラシをポスティングなどしてみようという方は、ぜひご連絡ください。

漫画チラシをお知り合い等に渡す、各戸にポスティングしていただく場合は、200枚単位で無料送付もいたします。ご協力いただける方は、送付先のご住所・お名前・希望枚数を

save@womens-space.jp(女性スペースを守る会)

へメールでお送りください。「漫画チラシの送付希望」というタイトルでお願いします。

※局留めも可能です。希望される方は郵便局の住所と名称、それにご自身の氏名をお知らせください。局留めの場合は受け取りの時に身分証明が必要ですので、本名でないと受け取れません。

※頂いた住所・氏名など個人情報の秘密は厳守致します。


■ 郵送での署名も受け付けております。

署名チラシのダウンロードはこちらのURLから。

https://gid-tokurei.jp/pdf/shomei.pdf



■ 連絡先

女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会

 【E-mail】  info@gid-tokurei.jp

 【FAX】      046-263-0375

 【WEB】     https://gid-tokurei.jp

 【郵送先】 〒242-0021 神奈川県大和市中央2-1-15-5階 大和法律事務所内


■ SNS

性同一性障害特例法を守る会
 
https://gid-tokurei.jp
 https://note.com/gid_tokurei

女性スペースを守る会
 https://womens-space.jp/
 https://note.com/sws_jp

平等社会実現の会


白百合の会
 https://note.com/morinatsuko

性別不合当事者の会
 https://note.com/ts_a_tgism/

性暴力被害者の会
 https://reliefkids.wixsite.com/---------victim-surv
 komaken602@gmail.com

No!セルフID 女性の人権と安全を求める会
 https://no-self-id.jp/wrws/
 no.self.id.jp@gmail.com


【署名活動およびエール(寄付金)の経費精算についてのご報告】

2023年11月12日配信 経過報告

求署名にご協力いただいた皆様、こんにちは。
女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会です。
署名活動およびエール(寄付金)の経費精算についてのご報告をいたします。

このたびの署名につきまして、数多くの署名に加え、エール贈呈者様 813名、また、銀行振込9名と、たくさんのエールをありがとうございました。

【経費報告】
 エールは署名サイトからのほか、銀行振込も合わせて 計 1,557,400円をいただきました。
署名サイトの手数料を控除し、当連絡会へ1,142,136円が入金されました。
そのうち1,026,183円を経費として使用し、残金合計 115,953円となります。
残金についてはロビイング用の小冊子を作成し国会議員を中心に配布する予定となっておりますので、そちらの費用にも充てさせていただきます。

以下、署名活動の経費内訳です。

コピー代    ¥214,630
印刷代    ¥225,576
郵送費    ¥124,232
交通費    ¥293,094
通信費    ¥51,810
物品購入費・その他雑費    ¥116,841
合計 ¥1,026,183
残金 ¥ 115,953


【活動報告】
署名活動は、2023年8月10日から始まり、第一次集約を2023年9月26日、署名終了を2023年10月24日とし、最高裁には署名の2度の提出行動・要請行動を行いました。
また、これに基づいた記者会見を計3回、さらに政党あての活動を随時行いました。

署名数は、オンライン署名19,756名、紙署名346名を含め、合計で20,102名です。メッセージは非公開分も含め7,261名の方からお寄せいただきました。これも最高裁裁判官と、国政政党すべてに提出しました。

紙署名チラシ54400枚、漫画チラシ26400枚を希望者など各所に郵送し、ポスティングなどで配布して頂きました。また、有楽町の街頭で計3回、チラシの配布を行いました。これは世論を盛り上げるため、またその世論の動きを議員らに伝えるためです。


【活動の結果】
 最高裁あての署名の目的「手術要件を合憲とせよ」ということに至らず、思い通りの判断をいただくことはできませんでしたが、特例法の5号の外観要件については違憲と確定せず、高裁へ差し戻しとなりました。しかしながら、女性スペースの重要性は少しずつメディアにも出るようになり、この問題に気づいてくれる方が増えてきました。ようやく国民的な関心事になってきたと実感しております。

 連絡会は、こちらで見られる2023.10.30付の連絡会の声明にある考えであり、10個の活動などを提起しています。これからも国民的な議論を進めて参ります。

 様々なご協力を誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2023.11.10 女性スぺースを守る諸団体と有志の連絡会

新着報告

2024/02/26
冊子の Kindle 版と、全国会議員などへの発送について

署名活動から皆さまには多大な応援をいただき誠にありがとうございます。

2月上旬に発刊しました第2版を、その後すみやかに全国会議員へ送付いたしました。その後、官公庁、地方自治体議員、そのほか重要な機関・組織へと続々送付しております。(冊数としては初版の2000冊に続き、第2版は7000冊発送済。2刷の1500冊が発送作業中です。)

冊子は法案の一部定義の変更説明が追加分かりやすくなっています。生殖不能要件を違憲とした10月最高裁判断について分析・批判した声明も追加していますので、初版をお持ちの方もぜひパワーアップした第二版をお求めください。

Kindle版も出ました。ぜひ周囲の方へお勧めください。
https://amzn.asia/d/b9Ji42K

ISBNコードがあるので、各図書館の方針にも寄りますが、図書館への寄贈が可能かもしれません。多くの国民の皆さまに読んでいただき、考え、議論する一助になればと思います。ぜひ皆さまの地域でもトライしていただければ幸いです。

冊子のお申込みについてはこちらをご参照ください。
https://note.com/sws_jp/n/n6793f7b3186a

今後も何卒よろしくお願い申し上げます。


2024/02/04
冊子はたくさんの反響をいただき、この度、第2版を発刊しました!

初版発刊後、たくさんの反響をいただきました。署名活動からの皆さまの厚いご支援を改めて御礼申し上げます。


この度、勉強会での活用などより広めていくため、改訂版(第2版)を発刊いたしました。


一人一人の発信・行動が未来を変えます。お知り合いの方や議員との面談などぜひこの冊子をご活用ください。


PDFはこちらから閲覧・ダウンロードできます。https://gid-tokurei.jp/pdf/booklet.pdf

第2版も紙の冊子を無料配布予定です。詳細は女性スペースを守る会の note をご確認ください。https://note.com/sws_jp/n/n6793f7b3186a


尚、この度の修正点は以下のようになっています。

  1. 第2版は「女性スペースに関する法律案」と「女子スポーツに関する法律案」における「女性」の定義について、性分化疾患の方々からの意見書を受け、その一部を修正しています。

  2. 女性の安心安全を守るには、この2つの法律を少しでも早く制定することこそが重要として、同日制定の附則を削除しました。

  3. 10月25日の最高裁大法廷決定について連絡会が出した声明も掲載しました。
    声明は、最高裁決定を分析・批判し、10項目の提言を示しています。最高裁の暴走とも言える事態に、最高裁裁判官を入れ替えせよとの批判もしています。

  4. 全体的に分かりやすい表現にしたり、説明を追加しております。


今後も何卒よろしくお願い申し上げます。


2023/12/28
冊子の無料配布を開始しました!冊子をもとに勉強会も行う予定です!


みなさま既にご存知のとおり、2023年12月11日に、冊子「トランス女性は「女性」ってほんと?-女性スペースを守る法律を!-」を発行しました。(https://note.com/sws_jp/n/n6793f7b3186a


12月17日には、すべての国会議員に、10月30日の声明とともに、本冊子を送付いたしました。(https://note.com/sws_jp/n/n0d64784670cd

多くの方々から続々と冊子の送付希望を頂いております。国会議員・地方議員の方々からのご要望も相次いでおります。

これをお読みの皆さまもぜひ、冊子を取寄せ、お知り合いの方や議員との面談などでご利用ください。(女性スペースを守る会にて受付中です。


また、お陰様ですでに初版第1刷2000部はすべて配布し、初版第2刷を2000部増刷しました!

この冊子を作るにあたり、署名をくださった皆様からの温かいご支援が元手となっております。署名活動は終わっても、今後もより多くの人々、議員にこの女性スペースを取り巻く現状を知っていただき、の流れを変えていきましょう。

これから、第二版の発行も予定しております。今後の印刷代金・送料のため、ぜひカンパもありますと力になります。


★冊子のKindle版も年内に公開です★
Kindle版も発売予定です。年内には公開予定となっています。ただし、Kindle版は有料になりますので、全く同じ内容で無料のPDF版(https://gid-tokurei.jp/pdf/booklet.pdf)をおすすめしております。

★連絡会では近いうちに冊子をもとに勉強会を催す予定です★
こちらの冊子をもとに、勉強会を開催する予定となっております。詳細は後日発表させていただきます。


引き続き、私たちの活動へのご支援をよろしくお願い申し上げます。


<カンパのお願い!!>

印刷代金・送料ともに多額のお金がかかります。もしよろしければ、以下のいずかの口座までご寄付を頂けますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

埼玉りそな銀行 ふじみ野支店(支店番号674) 普通 0852451
 「女性スペースを守る会 LGBT法案における「性自認」に対し慎重な議論を求める会」

三井住友信託銀行 難波支店(店番220)普通  0168884
 「性同一性障害特例法を守る会  セイドウイツセイショウガイトクレイホウオマモルカイ」

カード決済でのご寄付については、以下をご覧ください。
https://womens-space.jp/ご支援のお願い/



メッセージ

2023/10/23
user_icon_photo
西山美優
これが本当に許されたら安心して大浴場にも公衆トイレにもいけない。なのでこの声が届いて欲しいので頑張ってください…!

2023/10/23
user_icon_photo
宮脇萌
女子高校生です。 私自身は性的マイノリティの方々を差別自体には反対で、寧ろ配慮出来る社会になればいいなと思っています。しかし、配慮というのは、マジョリティ、マイノリティ双方に必要なものです。マイノリティの方にこちらへの配慮が見られないと思わざるを得ない今回のような事案は、生物学的女性である私には、どうしても受け入れることができません。不安が先行してしまいます。 微力ながら、署名で応援させてください!

2023/10/23
user_icon_photo
鈴木
こんな法律はおかしいです。 手術した人のみ。 男性器ある女性が増えませんように!!!

2023/10/23
user_icon_photo
山村まい
娘を守る為の行為が犯罪になる可能性があると思うと恐ろしい。

2023/10/23
user_icon_photo
津田愛梨
生物学的女性達の人権を守ろう

2023/10/23
user_icon_photo
宮川 恵一
犯罪者に加担する判決は出さないでもらいたい。 そんな裁判官は罷免どころか国民全員で訴えるべき!となるよ。

2023/10/23
user_icon_photo
寺田帆花
マイノリティが生活しやすくするのはもちろん大事、でもそのためにそれ以上の人が苦しめられる、畏怖する、そんな国は嫌だ!!

2023/10/23
user_icon_photo
山本 和史
性別は変えられない。

2023/10/23
user_icon_photo
細田 るな
女性と子どもの安心のために、身体男性の女性を作らないでください。

2023/10/23
user_icon_photo
みゆ
公共の場を安全に保つには性別で分ける合理的根拠があります。男性器がついてる人間を女性のみの場所から排除すること、それは合理的な根拠のある区別であり差別ではありません。裁判官の皆様には正しい判断をしていただきたいです。これ以上女性の権利と尊厳を踏み躙らないで下さい。

2023/10/23
user_icon_photo
河野礼弥
頑張ってください!!!

2023/10/23
user_icon_photo
松岡俊典
趣旨に賛同いたします!

2023/10/23
user_icon_photo
宮田優子
応援してます

2023/10/23
user_icon_photo
永田聡実
T自称女性が女性スペース侵入は反対です。 強い嫌悪感があります。 男性器が付いた自称女性と共に風呂にも入れません。 Tが性犯罪を犯さないかどうかではなく そうと偽った男性が女性スペースに入りやすくなる、性犯罪への助長につながります。 女性自認があり女性でいたい女性スペースを使いたいのであれば ホルモン摂取、適合手術は確実にして頂きたいです。

2023/10/23
user_icon_photo
和田亜香
LGBTの方々を否定する気持ちは一切ありません。でも、男性器がある方にお風呂やトイレ等の女性専用スペースに自由に出入りされる事は到底受け入れられません。恐怖しかありません。どうか守られますように…。

2023/10/23
user_icon_photo
杉山 紗子
これは差別ではなく、区別です。 平等にとは良いますが、男性と女性で体格・骨格・筋力等諸々異なります。 そもそも性同一性障害は、自分の体と心の性の不一致という病なので、性別適合手術を受けるというのは自然なのでは? 嘘を吐いて女性専用スペース(トイレ、風呂、シェルター等)に入って来ようとする偽トランスジェンダーから身を守る為にも、性別適合手術の要件は削除してはいけない一文だと思います。

2023/10/23
user_icon_photo
津田富志男
差別はいかんが 区別は必要でしょ

2023/10/23
user_icon_photo
豊田征雅
海外の事案が大量にあるのに何で性別適合手術無しでいいとしようとしてるんだ!絶対反対ですので頑張ってください!

2023/10/23
user_icon_photo
坂本光俊
本当に心が女性なら男性器はいらないはず。男性器をつけたまま「心は女性だ」といっても、それは似非女性。

2023/10/23
user_icon_photo
飯塚 多恵
まず大多数の女性の権利を守ってからにしてください。そしてLGBとTは分けて考えるべきだと思います。 よろしくお願いします。

2023/10/23
user_icon_photo
谷口晴子
性同一性障害とは心と体の不一致が耐えられない人を言うもので、心と戸籍を一致させても体と戸籍が一致しない状態を作ることに意味はないと考えます。

2023/10/23
user_icon_photo
高岡奈央
心の性ではなく、体の性別が女性の人たちが安心して女性用スペースを使える、当たり前を守りたいです。

2023/10/23
user_icon_photo
しゅう
弱い立場の人を守らずしてなにが「全ての差別に反対」なのか。 海外の実情を学ぶ機会が私たちにはありました。踏みとどまるべき。

2023/10/23
user_icon_photo
鶴巻 紗江
娘がいます。日本の今後が心配で、微力ながら署名させていただきます。

2023/10/23
user_icon_photo
早川紗玖良
男性器のある男性が女性トイレやお風呂に入ってくるのはナイフを持った人「刺すつもりはないから持って入らせろ」と言いながら入ってくるのと同じです。 絶対ににこんなことは許されません。頑張って下さい応援しています。

2023/10/23
user_icon_photo
堀内裕美
絶対に許しません! 男性器がある女性は認めない!

2023/10/23
user_icon_photo
宮澤 幸博
女性スペースを守る諸団体と有志の連絡会の主張に賛同いたします。 「性別適合手術の要件」につき違憲判決を下さないよう求めます。

2023/10/23
user_icon_photo
サカイヒロコ
圧倒的多数の生物的女性にこれ以上負担をかけないでください。

2023/10/23
user_icon_photo
石濱美和子
こんなアホなことがまかり通ってたまるか。子どもたちの未来で逆に男の子も女の子も生きにくくなるのは防ぎたい!

2023/10/23
user_icon_photo
多家野彩
子どもや姪、孫娘たちを護りたいです。 団結あるのみです。

2023/10/23
user_icon_photo
上辻 勝也
4人娘がいます。 性別の是非を説いて下さい! よろしくお願いいたします。

2023/10/23
user_icon_photo
船越豊子
日本には日本の文化があり、戸籍を変更するのは従来通り性転換手術を受けたものが認められなければ、性犯罪を目論む輩を増長させるだけ。心身一体であるべきです。

2023/10/23
user_icon_photo
諸戸 優也
社会の秩序が保たれますように!

2023/10/23
user_icon_photo
南有菜
差別と区別は違います。性に対する差別ではなく、男と女の性別上の区別を無視しないでください。

2023/10/23
user_icon_photo
村島千才
未来の子供達のためにも絶対に反対します!

2023/10/23
user_icon_photo
岸 幸二
女性の安全な社会生活の為に頑張っていきましょう。

2023/10/23
user_icon_photo
高橋美智子
男性器を付けたままの女性は有り得ません

2023/10/23
user_icon_photo
下川まい
女性の権利を守ってほしい。

2023/10/23
user_icon_photo
井上萌
娘がいます。おかしな法律のせいで怯えないといけない。そんな世界にしてはいけません。応援しております。

2023/10/23
user_icon_photo
種田里奈
本当の女を守れ!

2023/10/23
user_icon_photo
榎木丸颯々
性自認が大変な人は、発達特性があると思います。

2023/10/23
user_icon_photo
榎木丸雅楽
トランスジェンダリズムはファシズムです。

2023/10/23
user_icon_photo
古賀明里
わかりやすい漫画でした。

2023/10/23
user_icon_photo
坂本真紀子
絶対無理です女性を守りたい。応援してます。

2023/10/23
user_icon_photo
菱倉 阿由子
微力ながら応援しています!

2023/10/23
user_icon_photo
清水保貴
男性ですが女性を踏みにじるのは許せない

2023/10/23
user_icon_photo
佐藤亜美
大事なことです

2023/10/23
user_icon_photo
川上梓
絶対にあってはならない時間が起こっています。 日本でも女性を守るため、本来性同一性障害で悩んでいる方々、LGBTの方々を守るためにも署名させていただきます!

2023/10/23
user_icon_photo
岐田 穣
実際に性同一性障害の方のためにも、エセ性同一性障害は排除すべき。

2023/10/23
user_icon_photo
中田 雅貴
マジョリティ女性を守ってください。

2023/10/23
user_icon_photo
井上準
こんな当たり前のことを、いちいち求めなくてはいけなくなった国。

2023/10/23
user_icon_photo
岩森昌子
声を上げ続けていきましょう❗ 許されない事です。おかしい事です。

2023/10/23
user_icon_photo
齊藤かれん
性同一性障害を抱える当事者の方にとっても不利益となる問題で、断固として反対です。

2023/10/23
user_icon_photo
永吉 和代
自称トランスジェンダーの方に痴漢されたことがあります。急に胸を触られすごく嫌でしたが「同性なんだからいいじゃない自意識過剰よ」と言われ当時はパニック状態で何も出来ませんでした。 私のような人が増えませんように。応援しています。

2023/10/23
user_icon_photo
桑原恵理
なぜ女性ばかりが我慢しないといけないのか…心が本当の女性なら男性器あるけど女だよ!とは言わないと思います。

2023/10/23
user_icon_photo
河野笑子
これからの子供達、女性を護ることは絶対です! 宜しくお願い致します!

2023/10/23
user_icon_photo
山下伸司
微力ながら署名という方法で応援させて頂きます。 頑張ってください。

2023/10/23
user_icon_photo
谷口未来
このような活動をしてくださりありがとうございます。女性のために動いてくださること同じ女性として感謝しております

2023/10/23
user_icon_photo
長谷川 知秋
女性の権利は女性のためにあります

2023/10/23
user_icon_photo
小林清夏
応援しています。

2023/10/23
user_icon_photo
五十嵐 純子
生物学的に女性 男性で区別するべきだと考えますし 少数の お気持ちの為に 女性に恐怖を与えるような事はしないでください。本当に女性になりたいなら 自分の身体に男性器が付いているのは 嫌なはずです!女性や子供が安心して暮らせる社会の為に どうか おかしな判決を下さないよう 切にお願いいたします。

2023/10/23
user_icon_photo
倉田紗奈
女性専用の場所は体が女性たちの場所です。子供を連れて行くのも怖くなるし本来の女性が怖い思いをするそんな世の中嫌です。これを許せば主張がもっと大きくなるしそうならないように応援してます!

2023/10/23
user_icon_photo
古川 覚
母、妻、娘、姪がいる1人の男です。 女性の当たり前の権利が守られるために頑張ってください。

2023/10/23
user_icon_photo
谷垣雅洋
最高裁判所がおかしくなっている。 裁判官を選ぶのは政府これはおかしい。

2023/10/23
user_icon_photo
島田真理絵
一部の悪い考え、行動を起こす人の為に手術は絶対としていただきたいです。賛同いたします。

2023/10/23
user_icon_photo
樫原大蔵
世の中の女性達に我慢や不快感を強いる事が本当のトランスジェンダー平等だとは思えないです。この活動が成功しますよう、応援します!

2023/10/23
user_icon_photo
細部有美香
手術済みのトランス女性は信用できますが、未手術のトランス女性とシス男性の区別が付きません。 トランスを詐称したシス男性が女風呂に入ってくるかもしれない恐怖で安心して温泉に入れなくなり、温泉施設は倒産します。絶対におかしいです。

2023/10/23
user_icon_photo
高橋恵理香
生物学的女性専用スペースは安全のために絶対必要です。無くさないで頂きたい。

2023/10/23
user_icon_photo
髙橋颯真
世界的なこの危険な流れに日本が流されないよう願います。

2023/10/23
user_icon_photo
樵田侑奈
温泉に入れるのが当たり前の世界を守りたいです。 また、トランス女性の方々の権利も守るため、貸し切り風呂のグレードをあげる、露天風呂を作るなどを行う必要があると思います。これらの財源は募金やトランス団体から捻出できればと思います。 できるだけ多くの人間が気持ちよく過ごせる世の中になればいいと思います。どうかよろしくお願いします。

2023/10/23
user_icon_photo
サカモト ケイ
微力ながら応援しております。国民全体で判断すべき重大なテーマです。

2023/10/23
user_icon_photo
野田 ゆかり
生物学的性別でしっかり分けないと、性犯罪が後を立たなくなるでしょう。この署名が、意味のあるものになりますよう、心から応援してます。

2023/10/23
user_icon_photo
つかたん
目に見える現実の性と観念的な自称の性はごっちゃにしちゃいかん。ただそれだけ。

2023/10/23
user_icon_photo
にしさとこ
女子スペースに体が男性の人が入ってくるのは女子にとって大変なストレスです。手術要件を撤廃してしまうとトランスジェンダーとトランスジェンダーを騙る人との区別がつかなくなり、女性が性被害に遭うリスクが高くなります。性被害の苦しみは一生続きます。手術要件を撤廃しないでください。女性を守ってください!

2023/10/23
user_icon_photo
高橋龍駒
同意です

2023/10/23
user_icon_photo
宮下果奈
身体性のみで分けるべき場所、ルールは確実に存在します。そうしない限り、身体的に弱者である女性は今以上に性被害や社会的経済格差に苛まれるからです。性別はけして概念では無い。女性スペースを守ってください。

2023/10/23
user_icon_photo
高橋功照
私はLGBT法に関しては反対でした 田舎になればなるほど、警察官がいないので、警察署から警察官が緊急走行で向かったとしても、10分以上はかかるからです。 10分の間に襲われたらどうするつもりか?と思います。断じて許してはなりません。

2023/10/23
user_icon_photo
有家正泰
本気で性同一性障害者の方を守るためには「そう」あるべきだろうと思います。

2023/10/23
user_icon_photo
徳永美奈子
女性の安心社会の平和を守ろう

2023/10/23
user_icon_photo
示野以久子
違憲判決下さないで‼️

2023/10/23
user_icon_photo
森口浩平
小さな正義感が、大きな社会の混乱を招く 大局に立った判断をしてください。

2023/10/23
user_icon_photo
加藤夏海
手術要件が撤廃されるようなことがあれば、安心して生活することは出来ません。男性と女性は身体的な区別が絶対的に必要です。 どうか手術要件の維持をお願いいたします!この活動を応援しております。

2023/10/23
user_icon_photo
後藤某
がんばってください。私たちの声を届けてください。 最高裁は私たちの声を無視しないでください。

2023/10/23
user_icon_photo
髙橋幸悦
男性器のある女性の出現に反対します。

2023/10/23
user_icon_photo
川島良文
子供や女性を危険に晒す法解釈に断固反対します。

2023/10/23
user_icon_photo
法川憲二
こんな中途半端な性別判断は社会の混乱を招くばかりだし、LGBTQ の理念に合ってないと思います。 間違った判断が下されませんよう祈ります。

2023/10/23
user_icon_photo
工藤信之
女性が住みやすい国にしてあげて下さい! 応援してます!

2023/10/23
user_icon_photo
角田卓也
性を決めるのに性別適合手術は絶対に必要です。

2023/10/23
user_icon_photo
船橋 真
「T」女性と称しながら、女性に対する性欲を持っている者は確実に存在します。

2023/10/23
user_icon_photo
じゅんこ
わかりやすい漫画のチラシがポストに入っていて、よくわかりました。犯罪を未然に抑制する方法が必要と感じます。

2023/10/23
user_icon_photo
竹中綾子
このような活動を行っていただきありがとうございます。 みんなが安心して暮らせる社会となることを心から願っています。

2023/10/23
user_icon_photo
立山穣
身体的女性の権利とプライベートを犯す法解釈は『憲法14条違反』 日本国憲法を改正するなら国民投票で決めるべき重要案件です。 男性の姿形のまま『女性だと主張するなら先ずは精神科で治療すべき病気』 身体的女性の権利、安全を護る事が社会秩序に繋がる。 一部の病気の方々の主張で公衆の秩序を壊さない事が重要。 公衆における身体的女性の権利、それを守るルールと個人のお気持ちを混同し逆転させないで欲しい。 その為の法律は『例外なく』必ず守られなければならない。 日本国憲法を形骸化する事は許されません。

2023/10/22
user_icon_photo
斎藤健一
生物学的に女性を犯罪から守りましょう

2023/10/22
user_icon_photo
直江 博徳
女性を守ろう‼️ 応援してます📣✊🏻⊂(^・^)⊃🎌

2023/10/22
user_icon_photo
大木啓司
公平に安心して社会生活を送れるように、(利害の衝突を調整すべく)みんなが努力しながら社会をつくるものとするなら、つまり公共の福祉として考えるなら、「性別(動物学的性)」と「性自認(心の問題としての性)」は分けて考えるべきだと思います。

2023/10/22
user_icon_photo
梅澤彰宏
少数者のわずかな権利拡大の為に国民の半分の女性が安心してトイレ利用が出来ない等あり得ませんし間違った判断だと思います。女性スペースを守る活動頑張ってください。

2023/10/22
user_icon_photo
齋藤あきこ
生物学的性別は変えられない。その変えられない差があるからこそ、女性差別がある。女性スペースは安全と安心のために絶対に必要。

2023/10/22
user_icon_photo
飯窪季世恵
多様性を認めて理解し合うことと、法的な性別変更を認めることは別だと思います。女性スペースを守る活動を応援しています。

2023/10/22
user_icon_photo
塚越全
応援します

2023/10/22
user_icon_photo
さかつぶどう
女性のトイレ等での安全を優先して判断するべきだ

署名 / エールを贈る